TOP > ちょっと寄り道 > 桑原 奈々

桑原 奈々

あなたのたからものは なんですか・・・?
震災を経験して気付いた、こんなに身近にあった”たからもの”




奈々 プロフィール


柏崎常盤高校卒
ミュージカルダンサーを志し上京。
舞台芸術学院ミュージカル別科、劇団四季研究所などを経て、 ミュージカル、SKDレビューなどの舞台やテレビに多数出演。
'06年4月NHKのど自慢長岡大会でチャンピオンに。
中越沖地震の復興祈念ソングとして「たからもの」自主リリース。
高校を卒業してすぐに上京しました。
中学生の頃、市民会館に公演に来ていた音楽座ミュージカルを1人で観に行きました。その衝撃といったら・・・・!
涙ぼろぼろ流して一人で変な子になってました(笑)
その時から歌やダンスで感動をあたえるミュージカルダンサーを夢見ていました。
上京してからの13年間、レッスン、オーディション、アルバイト、舞台の日々でした。
歌は小さい頃から大好き!テレビ番組を見ながら「歌手になる!」って決めていたことも(笑)
東京ではミュージカルの舞台や、歌番組のバックダンサー、プロモーションビデオ、レビューの舞台、ディナーショー、ショークラブなどで踊ったりいろんなステージに立ってきました。
ダンサーが主でしたが、少しづつ歌の景にも出させてもらうようになり”歌うこと”をもっと前に出したいと思うようになりましたね。

右から4番目


3年前の中越地震、そして今年の7月に柏崎を襲った中越沖地震とどちらの震災のときも、私は柏崎にいなかったので皆さんがどのような恐ろしい思いをしたのか正直想像がつきません。でもそのとき東京で感じた揺れもかなりだったのでテレビで速報を見て、震源地が柏崎だったことに頭が真っ白になりました。 もちろん電話もメールも通じませんでしたし。奇跡的に母からの電話が繋がり無事を確認するまでの時間は、もう何と表現していいのかわかりませんでした。
毎日報道されている柏崎は、私の知っているなじみの風景ではなくなっていました。それでも地元の方々が一丸となっている姿に感動と、勇気をもらいました。 同時に、遠くから心配したりテレビに釘付けになりながら涙したりすることしか出来ない自分が歯がゆくて悔しかったです。13年間の東京生活でここまで、家族のことを考え柏崎を愛おしく思ったことはなかったです。
「柏崎で、家族のそばでみんなで笑いながら暮らしたい!そしてアマチュアでもいいから、私の歌を聴いてくれる人の為に歌を歌っていたい!」


そして自主制作を思い立ちました。
「柏崎が立ち上がっている今だからこそ、私はこの歌を柏崎で歌うんだ!」作曲はリノレコードの佐々木さんにおまかせして、私は自分の嘘偽りない気持ちをメロディーに乗せました。7月の末に柏崎に引越し、電話やメールでやりとりしながら、上京してレコーディング。アレンジやコーラスも手がけました。
いろんな私のわがままな要望に応えていただき10月に初めての私のオリジナル曲が誕生しました。
初めてのお披露目ライブは10月26日。東本町にある「ぱれっと」さんで。温かいお客様のまえで少し緊張しながら歌いました。
そして12月9日には、柏崎音市場に参加。私にとって初めて復興イベント参加しました。
これからも少しづつ、この歌がみなさんに届くことを願っています。

出演情報

2008年1月7日〜13日 AM4:00〜5:00 TBSラジオ系列(新潟県はBSN)
「あなたへモーニングコール」番組内のPICK UPインディーズのコーナーで
「たからもの」が流れます。

2007年12月9日「柏崎音市場」にて


2007年12月24日「ベースボールクリスマス'07in中越」にて

ライブ映像(動画)
 ビットレート:273Kbps
 画面サイズ:320x240 px
 再生時間 :45秒
奈々「たからもの/願い」
CDショップパティオ、グッディわたじんにて取扱中!!


*ブログ:「奈々のお部屋へようこそ!」


*CD視聴はこちらから!


13年ぶりに柏崎でスタートする来年はさらにいい年になりそうな気がしています。
これから市内のイベントにも参加していけたらと思っています!
柏崎の皆さま!どうぞよろしくお願いします!!!